マタニティ2

 

赤ちゃんと一緒に感じるリラクゼーション

 

お腹が大きくなるにつれて、

体質や体調が変化する毎日

体の凝りや疲れ痛み・眠りが浅くなった

イライラしやすく気分が安定しないなど

そんな悩みを解消してくれるのが

『マタニティーケア』です

 

妊娠は病気ではないから。

しんどいのは当たり前

疲れるのはしょうがない

ちょっとの痛みは我慢。。。等

もちろん、妊娠は病気ではありませんが

通常の状態ではありません

なぜならそれはママの体の中には

もう一人の命があるから

今だけ、自分が我慢したら大丈夫

そんな風に思わないで。

ママがしんどい時は

お腹の中の赤ちゃんもしんどい

ママが辛い時はお腹の中の赤ちゃんも辛い

一心同体である今だからこそ

赤ちゃんと一緒に

幸せで健やかな日々を過ごして下さい

『ママのリラックスが赤ちゃんの喜びだから。』

 

 

ママの体と出産に向けて

 

子宮が大きくなるとその重みにより

腰や背中に負担がかかります

さらにリラキシンというホルモンの作用で

骨盤の関節が緩み、腰や背中の歪み、

重心が変化する事でお尻に負担がかかりやすく

坐骨神経を圧迫します

症状としては下半身のむくみや足がつる

血流が滞り身体全体の冷え・疲れ 

筋肉と筋繊維の硬直など

 

どうしても負担がかかりやすい

身体がマイナス方向に崩れやすい時期に

定期的なケアをする事で

身体のニュートラルを保ちます

また産後 身体がもとに戻ろうとする時期

マタニティーケアをしておく事で体型が戻りやすい

体重が落ちやすいなど

通常ほりも早く良い状態になる

手助けになる事も期待できます

 

お腹の中の大切な赤ちゃんとの

リラクセーションのため

そして

ママ自身のため、いつまでも幾つになっても

『しあわせに、いつまでも美しく。』

あるためのマタニティーケアです