母子ともに危険!夏のアイス

暑い夏、冷たくて甘い

『アイス』の誘惑に負けていませんか?


こんにちは

京都駅から徒歩5

aterlier LAMERE(アトリエラメール)

 

マタニティーさんと産後ママの

楽に楽しく

『楽楽ママ作り』を目指して

 

温活・腸活・食活などの知識から

妊活・マタニティー・産後でのお悩みに

いえ、お悩みにならないように

サポートします

オーナーの加賀山たまきです

 

 

まだまだ暑い日が続きますが、

やっぱり暑い時には

冷たいものが食べたい!

これ当たり前の心理です

 

ただ、

最近毎日のように

アイスを食べるのが定番になってる方

いませんか?

冷たくて

しかも、あま~いアイスは
やめられなくなりますよねっ

先日のお客様

「毎日食べちゃうんですよねっ!

しかも、だんだん量も増えてくるし

小さいのが入ってるBOXタイプの

を買っちゃってます!」

と、サイズが小さいから

何回食べてもいいでしょ!?

みたいなお話をされてました💦

 

確かに

大きいサイズを何回も

食べちゃうよりは
良いかもしれませんが(笑)

 

 

ただ、この方が

冷たい甘いアイスを

辞められなくなっているのは

 

単純に暑いからではなく、

もしかしたら

自分の体調が

以下のようになっていることが

理由かもしれません

①糖質中毒

②エネルギー不足

③腸内環境の悪化

④栄養の偏り

今日は

①糖質中毒によって

アイスを食べたくなってしまう

中毒になる

理由を解説します

甘くないアイスは除外

実はアイスのあまーい美味しさは
単純に食べて

美味しいというだけではなく

また食べたい!

どうしても食べたい!
やっぱり食べたい!
という


依存症・中毒症状になる

仕組みをもつ美味しさを持っています

ただ、もしアイスが
甘くないもの

『糖質』特に『精製糖質』が含まれてない

冷たいけど

苦いとか(笑)

冷たいけど

すっぱいだけとか(笑)

であれば別ですが(笑笑)

この『甘さ=糖質』が

依存症・中毒症状を引き起こす

犯人なんです


ではもう1つ重要なこと

私たち人間の行動を起こさせる

大きく、強い動機の1つに

『気持ちが良い/快楽』

という感覚があります

この『気持ち良い/快楽』の

感覚のマックスは

私達の脳の中

『脳内報酬系』

という部分で感じます

アイスはここを

ガッツリ刺激するので

食べるだけで

美味しいと感じる感覚よりも

『気持ちよい/快楽』

になってしまうんです!

また、脳内報酬系を

刺激するもの中には

・コカイン

・マリファナ

・大麻など

もし、間違って手をだしてしまったら

簡単に人生の方向性を狂わせて

しまうような薬物もあります

そして

中毒性・依存性をもつ麻薬が

恐ろしい理由のもう一つには

やめようとした時に

禁断症状や離脱症状と言われる

イライラや不安・不快な症状を

伴うという点です

悪だけじゃない脳内報酬系

ただ、このような説明をすると

極端に

アイス怖い

糖質危ない

脳内報酬系ってやばい!

となってしまうかもしれませんが、

脳内報酬系について
もう少し詳しく

お伝えすると

何かの物質やタイミングで

脳内報酬系が刺激されると

ドーパミンという

ホルモンが分泌されます

また、ドーパミンとは

別名、やる気スイッチとも

言われていて

集中力と深く連携しています

それこそ

今まさに白熱している
オリンピックで

多くの選手が

素晴らしい記録を出していますが

そんな時には

必ずといっていいほど

ドーパミンという

ホルモンが分泌され

集中力とパワーが

全開されるという仕組みです

なので

『脳内報酬系』の全てが

悪いという訳ではなく

何によって刺激が

起こるかというところに問題が

あると思って下さい

アイスがやめられない理由①のまとめ

アイスに含まれる

『糖質』です

特に以下のような

質の悪い『糖質』には気をつけて下さい

・精製糖質

・人工甘味料

 サッカリン

 アスパルテーム 

 ネオテーム

 スクラロース

 アセスルファムK

・異性果糖

 コーンシロップ

 高フルクトース

 ぶどう糖果糖液糖

 果糖液糖

など

アイスを買うときに

表のパッケージだけではなく

裏の【原材料名】を見てみて下さい

何が入っているのか

何で作られているのか

がわかります

「大人は大丈夫」と

言っている訳ではありませんが、

特に子供・妊婦さん

子供はまだまだ

自分を抑制することは出来ません

食べるもの、

食べさせるもので

もしかしたら

お母さんが自らが

子供を中毒症にしてしまっている

かもしれません

また、妊婦さん

母さんの食べたものは

お腹の赤ちゃんに繋がります

お母さんの糖質の取りすぎで

体重の増加から始まり

妊娠中毒症

妊娠糖尿病

最悪の場合は

この症状は

お腹の中の赤ちゃんにまで

及んでしまう可能性もあります

長くなってしまいましたので

今日はこの辺で

暑いからといって

『アイス=糖質』

の食べ過ぎには注意しましょう