免疫力を強化するには3歳までに『動物園に行くこと』

昨日の夜は

NY在住の栄養カウンセラーさん

『腸内環境』セミナー

なんと贅沢にも先生とマンツーマン

めちゃくちゃ充実な約2Hでした

 

こんにちは

京都駅から徒歩5

aterlier LAMERE(アトリエラメール)

マタニティーさんと産後ママの

楽に楽しく

『楽楽ママ作り』を目指して

温活・腸活・食活などの知識から

妊活・マタニティー・産後でのお悩みに

いえ、お悩みにならないように

サポートします

サロンオーナーの加賀山たまきです

 

【 冬でも夏でも動物園 】

『えっまた!動物園!』

またかぁ〜😆

どんだけ好きなんでしょうか?

親としたら

寒い冬は行きたくない❌

暑い夏は行きたくない❌

しかもねっ

コンタクトしてる私からしたら

動物園に行くと絶対というほど

コンタクトが汚れる

さらに最悪なのは

乾燥して風強い日は

土埃のひどさからも

目の充実が激しいぃ💦

帰る頃には疲れもプラスされて

真っ赤かになってしまいます

これだけコンタクトも

目も汚れるということは

鼻の中や口の中にも

入ってるよねっ😝

しかも動物園の埃は

そこらの公園やグラウンドでの砂埃とは

レベルが違う

動物園の動物達は

家で飼うペットとは違うから

う◯ち・お◯っこを

決まった場所でするなんて

しつけはされてないから

もちろん

『 野◯ソ 』に『 野◯ョン 』は当たり前で

それが乾燥して、埃と一緒に

飛ぶ・舞う → 吸う

確実だよなぁ〜 😰

『 おえ〜っ』と思ってました。。。

 

【 腸内環境は人間社会と同じ 】

ご存知でしたか?

私たちのお腹の中に住む

腸内細菌達は重さにすると

約1.5〜2kg

結構重いですねっ!

腸内細菌といえども

こんなに大量に

自分の中に住み着いているんだ

と想像するとちょっと気持ち悪い気もします

 

が、

実は腸内をスコープで拡大して見ると

お花畑をイメージさせるくらい

幻想的であるということから

『腸内フローラ』と呼ばれています

小見出しを追加のコピーのコピー

そしてこの腸内細菌達が住む

腸内の環境は人間社会と一緒

色々な考え方の人がいるからバランスが取れる

腸内に生息する

約1.5〜2kgある細菌達も

単一の菌が多いよりも

多様性が大事と言われ

『バランス』が重要なんです✨

 

【腸内細菌はいつから自分に住み着くの?】

ママの中ですくすく育っている

『十月十日』

赤ちゃんは羊水の中で

無菌状態を保たれています

 

赤ちゃん本人に腸内細菌が住み着く

最初のタイミングは

ママの中からこの世に降り立つ時

『産道』を通り抜けてくるくる時に

ママの膣に生息する細菌達を貰いながら

産道を頑張って、頑張って

通り抜けて産まれて来てくれます

 

【産まれてくる過程にも無駄がない】

『 With コロナ 』 今の時代はどれだけ

ウィルスから体を守るかという事が最優先で

どこに行っても

『除菌・殺菌』が当たり前

でも、考えてみてください👆

赤ちゃん、私達は

ママのお腹の中にいる時は

無菌状態であっても

この世に生まれる、一人の人間として

誕生する時には

ママの菌を貰いながら

自分を守る菌を持って出て来ます

ということは

ママはある意味

自分から巣立つ赤ちゃんの

ボディーガードとして持たせる

 

だから出産から生まれてくるんです

生まれる時に必ず通る『産道』であれば

渡し忘れることは無い!

凄い仕組みですよね〜

 

生命って凄い

 

何気ないことでも実は1つ1つに

意味があるんですねっ⭐️

 

出産時そんなことを知らなかった私は

『高齢出産』(当時39歳・41歳)

『ある1つの症状』を理由に

帝王切開にして欲しいと懇願し

3人の子供のうちの2人は

帝王切開で出産しました

 

看護師さんには

『なんで帝王切開にするのぉ〜、勿体無い〜』

と何人にも何度も言われましたが、

この様な理由は誰一人とも

教えてくれませんでした。

 

もう少し伝えると

帝王切開で生まれた子は

産道を通って産まれてた子と比べると

自分を守る菌の量が

比べ物にならない位少ないという事から

免疫力が低く

菌に対する抵抗力も極めて低いという

研究結果・エビデンスも出ています

 

【腸は免疫の70%を司ります】

これご存知ですか?

分子栄養学では

腸は体内の玄関と言われてりて

口から肛門まで

所謂、消化管は体の外と考えられています

どの様な家でも玄関には

ドアがありチャイムがあり

誰でもウェルカムではなく、

入って良い人悪い人を分ける

また、もっとセキュリティーを

強化しなければいけない場所では

入り口にセコムや警備員などを

配置しますよねっ!

食べることで生命を維持する私達は

その食べ物によって体を害されることも

無きにしも非ず

だからこそ、食べ物を消化して吸収する

体内に入る場所である腸には

厳重なセキュリティーを持っています

そして、そのセキュリティーの一つとして

腸内細菌が活躍しているんです

 

【良い習慣を作るには早めに】

赤ちゃんがこの世の中に出て

色々な病気やウィルスと戦えるための

免疫はまずはママから貰うものです

だから、ママは腸内環境を

整えておくことが大切

でも、帝王切開や自分の腸内環境に

自信がないという方も大丈夫です

ズバリ『動物園』に行来ましょう

出来れば早いタイミングがベストです

抱っこのままでも、ベビーカーでも

お散歩程度でも大丈夫です

わざわざ大きな動物園でなくても

ママの気分転換と兼ねて

誇りと一緒に動物達が持っている

腸内細菌を貰いに行きましょう

私達の目には見えないけど

赤ちゃんが泣いている時も眠っている時も

自然と体内に入り込んで

免疫を増やすお手伝いをしてくれます

 

今はこんなブログを書いてますが

知らなかったなぁ

動物園で腸内細菌を

増やすことが出来るなんて。。。